Zoomが大切にしていること。事業の拡大よりも大切にすること。

何を大切にしているかで変わりますよね。

20190814_1

Zoomをよく活用しています

仕事でよく使うサービスの
1つがビデオ会議ツールのZoomです。

1対1のミーティングや
複数人でのミーティングに
活用していますが、
音声やビデオの画像が安定してして
とても使いやすいことが特徴です。

20190814_2

しかも、
高価なカメラやマイクその他の機器を
購入する必要がありません。

PCやスマホやタブレットを持っていて
ネットに接続できる人なら
すぐに参加できます。

さらに、このサービスが
無料でも利用できるわけです。

実際に使い勝手の良さから
有料プランに切り替えましたが
しばらくはこのまま使い続ける
でしょうね。

Zoomが大切にしていること。

最近、
なぜZoomの人気が高まっているのか
を解説した記事を
読む機会がありました。

ビデオ会議というと
音やビデオが品質が低い
資料の共有が難しい、
システムが高価。

Zoomの開発を始めた当時、
こんな理由から
利用者が各社のビデオ会議ツール
に対して満足していない、
という状況でした。

にも関わらず、
利用者が満足するような
サービスにしようという
企業はなかったそうです。

一方で、
Zoomはネットが遅くても
音声や画像が途切れにくくすることに
こだわって開発したことによって、
その使い勝手の良さから
急速に利用者を増やしていきました。

2019年4月にはアメリカのナスダックに
上場にするほどに成長しています。

なぜ、
ここまで成長できたかについて
CEOであるエリックヤンさんの
コメントがとても印象的でした。

「私たちが最も大切にすべきことは、事業の拡大や増収ではなく、Zoomのカスタマー、製品そのもの、そして従業員です」

ホームページにも記載がありますね。

Our values

We care for our company, customers, community, teammates, and ourselves

20190814_1

「CARE」という企業文化を
創業当時から掲げることで
顧客だけでなく、
コミュニティ、チームメイト、
自分自身を大切にする。

それによって、
よりよいサービスの質が向上し、
利用者が幸せになり、
社員が幸せになっていく。

大切にすることを
明らかにしたからこそ
社員の満足度も高まり、
サービスが向上したわけですよね。

もちろんお客様である
利用者にも幸せを
もたらしています。

大切にしてることを明らかし、浸透させる

事業を経営する上で
何を大切にするかを
明らかにしている企業は
少なくないと思います。

経営理念として、
ミッションとして、
フィロソフィーとして。

どんな言葉で表すかは別として
何を大切にすかを明らかにする。

そしてその大切にしていることを
いかに浸透させるか。

ですが、
大切にしていることを
いかに浸透させるかの取り組み
をしている企業は
私の知る限りではまだまだ
少ないと感じています。

一方で
大切にしていることを
大切にしていく取り組みを
している企業ほど、
経営者だけでなく社員さんの
幸せも高まっていくと
感じています。

自社での取り組み、
お客様の取り組みを通じて
そんなワクワクを感じている
今日この頃です。

【編集後記】

昨日は平日のため
事務所へ出勤。

世間では夏休みのところも
多いと思いますが、
こうしたタイミングは
仕事が捗りますね(^^)

【昨日の1日1新】
・カレーモスバーガー

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
https://m-stax.com/services/

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村