人はあなたの言葉通りに動かない。意識して伝え方を変える。

自分の伝えたい伝え方に頼らないように。

20180110

今、振り返って反省すること

経営者の方だったり、
何人かの部下を持つリーダーの立場の方の
話を聞いていると2通りのタイプに
分かれると思うんです。

1つは
きつく怒ったり、
厳しく接したり、
できていないことを指摘することで
相手の成長を期待するタイプ。

もう1つは、
できているとこをうまく褒めたり、
モチベーションを上げることを意識して
相手の成長を期待するタイプ。

自分がもし部下の立場だったら
断然後者の方が自分の力を発揮できるだろうな
と思います。

調子に乗せられた方が
より頑張るタイプなので。

にもかかわらず、
自分自身がチームで仕事をしているときに
後輩などにそんな接し方ができていたかと
いうとそうでもなかったんですよね。

できていないことを
よく指摘していたと思います。

今思えば、
伝え方などもっともっと
工夫できただろうな、
と反省ですね。

人はあなたの言葉通りに動かない

いかに相手のやる気を引き出して、
行動をしてもらったり
結果につなげてもらったりするか。

そんな意識を持つことが
複数人で仕事をするときや
相手に何かを教えるような仕事
をする上では欠かせません。

そのために必要なことが
最近、読んだこちらの本にも
書かれていました。

人はあなたの言葉通りに動かない

こちらがどんな言葉を投げかけようが、
相手の心次第で受け取り方が変わり、
やる気につながるかどうかも
変わるということです。

同じ相手に、同じことを言っても
同じように動いてくれるとは限りません。

だからこそ、
相手の心の状態を理解して、
意識して伝え方を変えること。

自分が伝えたいように伝える
のではなく、
相手に伝わる伝え方を考えて
伝えないといけませんね。

まとめ

人はあなたの言葉通りに動かない

そう認識していれば、
相手の心の状態に寄り添って、
伝え方を工夫することが
できますよね。

税理士の仕事も
お客さまにいかに行動して頂くか
によって得られる結果も変わるので
意識しておきたいですね。

【編集後記】

本日期限の執筆業務が
あったのですが、
原稿を無事提出できて
ホッとひと段落です(^^;

【昨日の1日1新】
・キットカット伊予柑

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村