MacのWindowsが立ち上がらない。Parallels DesktopのWindowsのバックアップは超重要。

バックアップありますか?

20180522_1

MacのWindowsが立ち上がらない・・・。

普段、MacBookProを
Macとして使いつつ、
Parallels Desktopというソフトで
Windowsとしても使っています。

先日、仕事中にあるソフト
インストールした後、
Macの中のWindowsを再起動したら
エラーが出て立ち上がらなく
なってしまいました・・・・

20180522_2

いつも使っているExcelは
税務のソフトはWindows側で
使っているので、
Windowsが使えない、
となると仕事が止まってしまいます。

その後、
お客さまにところに
訪問する予定があったのですが、
まだ2時間あったので、
ひとまずは普及を試みました。

ちなみに、
Windowsで使っているデータは
SugarSyncというソフトで常に
バックアップを取りながら、
別のノートPCにコピーを取っています。

復旧作業が終わりそうになかったので
途中であきらめ、
バックアップ用PCでお客さまの
ところに行くことになりました・・・。

Excelなどの仕事であれば、
このノートPCを使えば
直前のデータも使うことができます。
(税務ソフトは使えませんが・・・)

バックアップPCを用意しておいて
よかったです。

Parallels DesktopのWindowsバックアップは超重要。

「Windowsが正しく読み込めない」

エラーに対して取り組んだことです。

1. スタートアップ修復

Windows10の場合、
エラーが発生しても
こんな画面が出てきて
くれます。

20180522_3

トラブルシューティングの
メニューを選択して。

20180522_4

まず、試したのは

「スタートアップ修復」

Windowsが自動で
復旧を試みてくれるという
機能です。

ですが、復旧してくれません。

復旧できるようであれば
エラーにもなっていないような。

2. システムの復元

次に試したのは
正しく動いていたときの
Windowsの状況に戻して
Windowsを起動させる
「システムの復元」です。

20180522_5_1

これですぐに復活する。

そう思って試しましたが、
復元させるポイントが
作成されていない、
ということで復元できませんでした。

20180522_6

昔、こんな記事も書いて
いたんですけどね・・・。

https://balance-blog.com/archives/619

MacにWindowsを入れたときに
設定を確認できていませんでした(反省)。

3. セーフモードで起動する

次に試したのは
Windowsの機能を制限した形で
起動させるという

「セーフモードでの起動」

です。

「スタートアップ設定」の
メニューから。

20180522_7

「4.セーフモードを有効にする」

を選択します。

20180522_8

こちらでの起動ができれば
データのバックアップをとったり、
怪しいプログラムを削除したり
した上で、
Windowsを再起動し、
正常起動を試す、
という方法が取れます。

20180522_9

セーフモードでは起動
しましたが、
再起動をさせると
やはり、エラーのままでした。

4. Parallels DesktopのWindowsをバックアップから戻す

次にMacの中で動かしている
Parallels DesktopのWindowsを
バックアップから戻すことに
しました。

Parallels DesktopのWindowsは
Macの中で
「Windows10.pvm」
というファイルに
全てが入っています。

20180522_10

この
「Windows10.pvm」
をコピーすれば
バックアップを
とったことになります。

幸い、MacのTimeMachine
というバックアップの機能で
その日の朝の時点の
「Windows10.pvm」を
外付けハードディスクに
取っていました。

Macの中にある
エラーが出ている
「Windows10.pvm」
を外付けハードディスクに
コピーして削除。

その日の朝の時点の
「Windows10.pvm」
をMacにコピーして
クリックする。

すると、
無事、Windowsが復活して
くれました。

20180522_5

一部のソフトは
再インストールや
設定のし直しが
必要でしたが、
ほぼエラーが出る前の
状態に復旧することが
できました。

バックアップできていますか?

今回は多少時間はかかりましたが、
バックアップからWindowsを
復旧することができて業務に大きな
支障をきたさずに済みました。

Mac+Parallels DesktopでWindows
を使っている場合は
「Windows10.pvm」
ファイルのバックアップは
必須ですね。

MacのTimeMachineの機能で
「Windows10.pvm」
バックアップを取るのには
時間が掛かるんですが、
取っておく価値があります。

Windowsや必要ソフトを1から
インストールし直していくことを
考えると
「Windows10.pvm」をバックアップ
からコピーして復旧するほうが
遥かに早く復旧できますよ。

ただ、
「Windows10.pvm」はファイル容量が
大きく(私の場合、約120GB)、
コピーなどするだけでも20〜30分
掛かったりするので、データは
DropboxやSugarSyncなどで
バックアップを取っておくのがオススメです。

PCのバックアップは大丈夫でしょうか?

【編集後記】

今回、Windowsが正しく
起動しなくなった際、
直前に行っていたことは
duetdisplayというソフト
のインストールでした。

直接の原因かは分かりませんが、
Windowsの場合、
新しいソフトをインストール
する前には
「システムの復元」
を行っておくことも
大切ですね(^^;

【昨日の1日1新】
・GoogleChromeのサイトAirDropで連携
 (iPadとMacBookPro)

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村