形式よりも本質を求めること。ショベルカーランド京都。

形式的な行動になっていませんか

201804091

ショベルカーランド京都

昨日は妻の用事で
家族全員で出掛けたのですが
その用事の前に立ち寄れて
子供が遊べるところ。

そんな条件で辿り付いたのがこちら。

ショベルカーランド京都

20180409_2

こどもが本物のショベルカーを
体験できるところです。

2歳の次男も一人で
ショベルカーを運転させて
もらいビックリでした。

20180409_3

5歳の長男もとても
楽しんでくれました。

20180409_4

形式よりも本質を求めること

こちらのショベルカーランド京都は
今の季節は予約制なので、
昨日も約1時間と少しの間
たっぷりとショベルカーを
体験させてもらいました。

しかも、
先生がつきっきりで対応して
安全性を確保しながらも

一人で動かす体験

をさせてもらえるのです。

帰り際に少しお話しを
伺ったのですが、
他の施設でもこういった
ショベルカーなどの
重機を子供に体験させる
ところはあるそうです。

けれど、

「あれはダメ、これはダメと子供にさせないことが多い」

「ほとんどインストラクターが操作している」

ことが多い。

そのため、

「自分がやりたいことができない」

とおっしゃっていました。

子供が自分で機械を動かして、
何ができるかを知ること、
実際の振動を感じながらも
自分で操作ができたことを
実感してもらいたい。

こんな想いで
ショベルカーランド京都を
運営されているそうです。

それを聞いて感じたことが

形式じゃなくて本質を求めることの大切さ

です。

他の施設であれば
子供に重機を体験させるものの、
それはあくまで形式的なものであって
その企業のことを子供や親に
アピールしたい、
そんな意図があるかもしれません。

一方でこちらは
そんな意図は全く感じられず
先生が子供に寄り添って
操作ができるように丁寧に
教えてくれました。

子供が

「自分にもできるんだ」

そんな自信が生まれる
いい体験ができます。

形式的に済ませていないか?

税理士の仕事でも

形式じゃなく本質を求めること

はとても大切です。

例えば、毎月や決算のときに
お客さまに対して行う報告。

毎月、毎年同じフォーマットの
資料だったり、
会計ソフトから打ち出した
資料を渡すだけだったり、
形式的になっていないか
注意しないといけません。

本質を求めるなら
資料を渡すことよりも
その報告を受けて、

・お客さまが必要な課題に気付いて、行動すること

・これまでの行動の結果を確認して、事業に価値を感じること

の方がよっぽど
大事だと考えます。

形式じゃなく本質を求めた
行動ができているか
常に意識しておきたいですね。

【編集後記】

2歳の次男が一人で
本物のショベルカーを
運転している姿を見て、
改めて子供の可能性
を感じました^^

任せること、
自信を持たせること
って大切ですね^^

【昨日の1日1新】

・ショベルカーランド京都
・きなこきびだんご
・亀岡 大日谷公園

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村