確定申告の期限をゴールにするか、通過点にするか。

ゴールにならないように。

20180315

確定申告の期限を基準にすると・・・

個人で事業をしている場合、
確定申告を提出するときが
一つの大きな区切りだったり
しますよね。

去年の売上、利益がいくら
だったのか。

所得税や消費税が
いくらになったのか。

それを受けて、
今年の目標を考える。

という方もいると
思うんです。

でも、もし確定申告を
提出するのが3月15日
だったらどうでしょうか。

1年ももう2ヶ月と半月
経過していますよね。。

確定申告の期限をゴールにするか、通過点にするか。

確定申告の期限を
1つの区切り、ゴール
と考えると、
毎年、残り9ヶ月半とか10ヶ月
でどんな数字を残すのか。

そんな考えになるんですけど、
ちょっともったいない
ですよね。

目標の数字を設定して、
常にその数字を意識して
経営するかどうかで
実際の数字も変わるものです。

計画を立てるだけで勝手に実績も近付く

こんなケースをよく目の当たり
しています。

そのためにも

確定申告の期限は1つの通過点

と考えるようにしたいです。

12月中にはおおよその
今年1年間の売上や利益、お金
の状況が明らかになっている。

そして、来年1年間の
売上や利益、お金の
目標も決まっている。

確定申告の期限を迎えるころには
最初の1ヶ月、2ヶ月が計画どおり
進んでいるかを確認するタイミング
したいものです。

まとめ

確定申告の期限を
どう捉えるか。

1年の振り返りをする
タイミングではなく、
1月、2月の数字が
計画どおりかを
確認するタイミングに
したいですね。

【編集後記】

確定申告は無事終了しましたが、
3月決算の会社の最終方針の確認や
計画を立てて利益を見える化する
仕組みづくりのお仕事など、
切り替えて、今月の取り組みを
進めていきます^^

【昨日の1日1新】

・Prarllels DesktopのWindowsからPDFを作成する方法

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村