経営判断をするための環境づくり、できていますか。

どんな目的を設定するか、ですね。

20180706

先月の数字がいつ分かるか

会社やお店によって
対応に大きな差が出るのが
経理業務です。

例えば、
先月の売上や利益は
いつ確認できるでしょうか?

今月末には先月の数字が固まる、
税理士事務所での入力作業が
終わらないと分からないので、
来月の半ば頃に固まる、
などバラバラだと思います。

私のお客さまの例でも
対応はさまざまですが、
早いところだと
当月の月末におおよその数字が
把握できる先もあるんです。

クラウド会計を活用しながら
日頃から毎日、コツコツ
経理をされているたまものですね。

経営判断をするための環境づくり、できていますか。

経理業務をするタイミングが
会社やお店によって
バラバラになるのには
理由があります。

それは、

経理業務をする目的

が会社やお店によって
異なるからです。

法人税や所得税、消費税の
税金の申告のために
経理をしている。

のであれば、
年に1回の税金の申告時期までに
経理ができていればいいわけです。

先月の数字を
今月に入ってすぐ
把握する必要もありません。

けれど、
それだとどうでしょうか?

新しい設備を購入する必要性が出てきた。

新たに社員さんを採用する必要が出てきた。

なんとなかく預金残高が減ってきた。

こんな時に自信を持って
経営の判断ができるでしょうか。

現状の数字が分からないと、
経験や勘を頼りにするしか
なくなりますよね。

そうではなく、
経理業務の目的を

経営判断をするための環境づくり

と考えるとどうでしょうか?

先月末での実績や現状の把握は
タイムリーに行いたいと
考えるはずですし、
そんな数字が把握できれいれば、
数字を根拠に自信をもって
経営の判断もできるものです。

お金の悩みを減らすには

経営者の方から
お金の悩みをお聞きすることが
少なくありません。

毎月儲かっているのかどうか
分からない。

利益は出せているはず、
だけどお金が思うように
残らない。

設備投資や人材採用を
してもいいのかどうかが
分からない。

こんなお金の悩みを
解消するためにも
経理業務をより簡単により早く
できるようにして
経営判断ができる環境づくり
を目指していきましょう。

【編集後記】

京都市では
昨日の朝から大雨の影響で
携帯の緊急避難速報が
鳴り続けています。。

幸い自宅も事務所も
浸水の可能性が低い地域なのですが、
少しでも早く雨が弱まり、
大きな被害が出ないと
いいのですが。。

【昨日の1日1新】

・iBUFFALO シガーソケット用USB急速充電器

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村