何のために、何を提供するのか。沖縄サンゴ染め体験。

遊びも学びですね。

雨でも風でも遊べる沖縄のスポット

先日、7月初めに沖縄に
行ってきました。

ちょうど台風が直撃した
タイミングでしたが、
飛行機が欠航する日の前日に
沖縄に到着し、
飛行機の欠航がなくなった日に
沖縄から帰ってくること
ができてラッキーでした。

台風が直撃した沖縄で
多少旅行の予定も変更したのですが、
そんな雨や風の中でも楽しめたのが

首里城の近くでできる

「サンゴ染め体験」

でした。

化石になったサンゴを使って
Tシャツやトートバックなどに
色づけをしていきます。

2歳の子どもでもできる
簡単な染め方にもかかわらず
その色合いが綺麗なんですよね。

今回は飛行機の時間をチラチラ
確認しながらの体験でしたが、
次回はじっくりと楽しみたいものです。

何のために、何を提供するのか。

この「サンゴ染め体験」
沖縄だとどこでも体験できるのかと
思うとそうではないんですね。

20180716‗3

こちらの
首里琉染さん独自の染め技法
だそうですね。

商標・意匠登録もされています。

20180716‗4

しかも、綺麗な海だからこそ
できる珊瑚礁、サンゴを有効利用
するという意味で、
綺麗な海を汚さないように、
といったメッセージも
受け取れました。

ここで感じたことは

何のために、何を提供するのか

を明らかにすることの大切さです。

どんな商品を提供するか、
どんなサービスを提供するかで
何を提供するか、
どんな価値を提供するか。

これを考えるのは普通ですよね。

でも、案外追求されていないことが

「何のために」

そのビジネスを行うのかという
目的です。

ただ、
売上が見込めるから、
利益が出そうだから、
周りがみんなやっているから、
で始めていること
ありませんか。

もし、そうだとしたら
その目的もお客さんだったり
一緒に働くメンバーにも
残念ながら伝わってしまう
ものです。

お金のためだけに始めた
ビジネスであれば、
長続きするでしょうか、
人から求められるものに
なるでしょうか。

ミッションは何ですか?

「何のために」
そのビジネスを行うか、
目的を明らかにすることで
そのビジネスに対する
想いも変わりますよね。

よく私の、会社の
「ミッション」
という言葉が出てきたり
しますけど、
私の中ではビジネスを行う
「目的」と定義しています。

どんなミッションを掲げて
いますか?

こう聞かれたときに
どんな答えができるでしょうか?

あるいや社員さんに聞いたときに
どんな答えが返ってくるでしょうか?

一度試してもみても
いいですよね。

言葉に相手に伝えられるくらい
まとまっているのか、
社員さんとも共有できているかが
よく分かりますよね。

【編集後記】

昨日の午前中は
京都市が運営している
やまごえ温水プールへ。

季節が季節だけに
駐車場が一杯で
妻と子どもだけ
プールに入り、
駐車場待ちをする
ことに。。

30分ほどして
ちゃっと駐車場に入ることが
できて水着に着替えてプール
サイドに行ったときには
次男が帰りたいと・・。

子どもの体調が優先
ですからね・・・。

【昨日の1日1新】

・水着に着替えてプールに入らず帰る

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村