コントロールできない結果よりコントロールできる行動を選ぶ。計画も行動を決めること。

何をするかまで決めておきましょう。

20171230

計画を立てましょう、の問いに返ってくることば

「目標の売上や利益を達成したい」

経営者の方からそんな声を
お聞きしたとき、
私の方からは

「事業の計画を立ててみませんか?」

こんなことをお伝えさせて
頂くときがあります。

年間の売上、利益の目標を決めて、
月々の売上や利益の目標も決める。

さらに、数字が決まれば終わり。

ではなくて、
目標の数字がはっきりしたなら、
その数字を達成するために
どんな行動をとって、
どんな行動はやらないかを
決めること。

それによって確実に
目標の売上、利益にも近付きます。

とはいっても、
計画作りに取り組まない
経営者の方もいらっしゃいます。

そんな経営者の方からすれば、

「売上がどうなるかなんて分からない」

だから計画も立てない。

そんな反応を頂くケースも
少なくないんです。

コントロールできない結果よりコントロールできる行動を選ぶ。計画も行動を決めること。

「将来の売上がどうなるかなんて分からない」

これは確かに間違ってはいません。

今月の売上が500万円
だったからといって
来月の売上も500万円
になるかどうかは
分からないものです。

どんな結果を得るかは
コントロールできるものでは
ありませんよね。

でも、
自分が自社が目標を達成するために
何をするのかの行動は
コントールできますよね。

何をやって、何はやらないかを
決めてそれを実行する。

実行するかどうかは
自分の意志、自社の判断で
決まります。

売上はあくまでお客様が選んだ
結果にしかすぎません。

だから計画を立てることで
大切なことは、
どんな目標、結果を決めるかよりも
どんな行動を取るかを決める
ことなんです。

コントールできない結果ではなくコントロールできる行動を選ぶ

どんな行動を取るかを決めて、
実際に行動すること。

それが上手くいけば
継続していきますし、
上手くいかなければ
その行動を見直せば
いいわけですよね。

まとめ

コントロールできない結果も
コントロールできる行動を
選んで、実行することで
近付いていきます。

事業の計画を立てることも
数字を決めることではなく
数字を決めて何をするかまでを
決めることですね。

【編集後記】

昨日の午前中は
車のタイヤ交換で
スタッドレスタイヤに。

最近の京都は
お正月あたりに
雪が降ることが
少なくないので、
これで一安心ですね(^^;

【昨日の1日1新】
・長男が始めて牡丹鍋を食べる

【昨日の1日1捨】
・自宅にある不要書類

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
https://m-stax.com/services/

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村