僕にとっての「税理士業務」とは・・・。

今日は自分なりの考え方です。

20170322

本日の打ち合わせで

今日の午前中はある方との
打ち合わせでした。

その中で出てきたことは
僕にとっての
「税理士業務」とは何か
ということ。

税理士の登録をしたのが
平成21年3月なのでちょうど8年。

ちょうどではないですね・・・。

今だからこその
「税理士業務とは」
を考えてみました。

税理士業務とは

税理士業務とは。

その前に
そもそも税金って、
会社であれ、個人であれ
何かの行動をした結果
のひとつだと思うんです。

企業の経営者さんや従業員さんが
実現したいことだったり、
生活するためだったり、
それぞれの目的のために行動する。

モノを買ったり、作ったりして、
経費を払って、
モノやサービスを売って
売上を上げて、
といった行動の結果、
利益が決まり
税金が計算される。

個人であっても
家や土地、株式などを売ったり、
買ったり、
ふるさと納税をしてみたりした
結果、税金が計算される。

ということは
行動した結果から計算される
税金の金額には大きな差って
生まれないはずなんです。

細かい部分では差はありますが、
大きな差ではないです。

僕にとっての「税理士業務」とは

税金は
行動した結果のひとつであり、
行動した後だと
結果は変えられないはず。

結果を変えようとすることは
つまりは「脱○」ということ
でもありますし。

1年間行動してきた結果、
それ以前から
行動してきた結果が
決算書となり、税金にも表れる。
そして、
誰しも望む結果を残したいですし、
いい結果であれば、
それを誰かに見てもらいたいと
考えるもの。

なので、
税理士業務とは
税金という先の結果を見越して、
行動をする前に、
先回りして会社や個人の
行動する前の判断を
サポートしていく取り組み。

それによって望む結果を
目指してもらう。

そのためにも途中経過の
数字も把握しながら、
軌道修正していくかどうかの
判断もできるようにサポートする。

そんな感じになりますかね。

うーん。。
もっと掘り下げてみます。


【編集後記】
妻の仕事の関係で、
昨日の夕食は
自宅で4歳長男、
1歳次男と三人で。

次男は何度もママが
恋しくなって
泣いていました。。

ママの力は偉大ですね(^^)

でも、
次男もこういう経験しながら
強くなっていくんでしょうね。
【1日1新】
・MK配車アプリでタクシー配車手配
【1日1捨】
・事務所にあった商品カタログ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村