まさかのための備えは十分ですか?安心できる残高を目指す。

憂いをなくしましょう。

20180618

まさかを意識する

事業をしている限り、
まさかの時のことも
考えておかないと
いけませんよね。

災害が発生したり、
病気や怪我で体調を
崩したり。

会社やお店を
経営している限り
こんな「まさか」が
怒らないとは限りません。

場合によっては
1週間、1ヶ月と売上による
入金がなくなることだった
ありますよね。

そんな時にどんな備えが
できているか。

普段から「まさか」を
意識できているかどうかで
準備の仕方も変わるものです。

安心できる残高を目指す

経営者のかたによく
お伺いすることに

「お金の残高」

に関する不安があります。

給料の支払いや
仕入の支払いをすると
預金残高が減って
いつも不安になる。

事業がピンチ
というわけではないけど、
お金が足りなくなったら
どうしよう、
という不安をいつも
抱えておられることが
少なくありません。

これがもし、

お金の足りなくなったら・・・

の不安がなくなったら
どうでしょう。

お金の心配をする時間が
なくなることで、
未来に向けた準備ができたり、
新たなチャレンジができたり、
社員の教育に時間を割けたり
といったこともできますよね。

しかも、
日々のお金を確保するために、と
行う採算の悪い仕事をする必要も
なくなるはずです。

お金の残高がどれだけあれば
安心できるかは
人によってそれぞれです。

売上が止まっても
社員の給料の支払い、
家賃などの固定費の支払い、
借入金の返済ができる
お金がある。

1ヶ月分なのか半年分なのか
まずは安心できるお金の残高を
残したいものです。

まずはいくらあれば安心かを考えてみる

毎月安定的した売上があったとしても
思うようにお金が残らない。

そんな声を聞くことが多いです。

まずは、
いくらあれば安心だと思えるか、
その金額を決めてみましょう。

金額が決まれば、
毎月の売上、利益から少しずつ
お金を残していくのか、
金融機関に打診してお金を借りつつ
増やしていくのか。

手段が自然と決まっていくものです。

【編集後記】

今朝の大阪北部の地震、
京都も揺れが大きく
驚きましたね。

亡くなった方もいらっしゃるので
ご冥福をお祈りするとともに
これ以上の被害や新たな地震が
起こらないことを願うばかりです。

今回の地震が余震だった場合に
備えてここ数日から1週間は
特に気をつけておかない
といけないですね。

【昨日の1日1新】

・阪堺電車
・天王寺動物園

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村