自分基準だけで判断していないか。何、怒ってるの?と言われないために。

客観的に見る、見てもらうこと。

20180906

何、怒ってるの?

先日、ある飲食業の方に
こんな話をしていました。

「何もしていないのに、何、怒ってるの?って言われる時があるんです。」

「こっちは普通にしているんですけど、怖い表情してたで。と」

特に怒っているわけでもなく
家の中で淡々と何かをしていた時に
妻から言われた話を紹介していたんです。

サービス業、
特に飲食業のような接客業の場合、
営業中の表情はお客さんから
絶えず見られていますよね。

でも、
他の社員さんがミスをしたり
したときにそれをどう受け止めて
どんな表情をしているか。

意識していないと
お客さんから見られたていることを
忘れて無意識に怖い表情に
なってしまうかもしれない。

そんな話になりました。

何もしていなくても普段から
ニコニコ笑顔にしているような人も
いますけど、
そういう人は得することが多いですよね。

自分基準だけで判断していないか

自分は普段から笑顔で人と
接している。

イライラや怒った表情は
していない。

自分ではそう考えていても
他人からみるとそれができていない
なんてこともありますよね。

自分の基準だけで判断しても
その判断が正しくないことも
多いです。

普段からどんな表情をしているか、
人に対してどんな印象を与えているか。

いくら自分の中で判断しても
どんな表情か、どんな印象なのかを
決めるのは周りの人です。

自分基準での判断はなく
他人の判断が必要ですよね。

フィードバックを求めること

自分基準での判断が
正しいとは限らないで、
必要になるのが
他人からのフィードバック
を求めること。

表情のこと1つとっても、
どんな表情をしているかを
フィードバックしてもらう
ことです。

あらかじめ、

「普段どんな表情をしているか教えて?もし、怖い顔してるようだったら教えて」

と一緒に働くメンバーに
お願いしてみる。

すると、

「今、ちょっと怖い顔してましたよ」

とか

「いつもニコニコされてましたよ」

と教えてもらえますよね。

一緒に働くメンバーが
いなければ、
鏡や窓などを使って
自分の表情をチェックみる。

思ったほど、笑顔じゃないことも
鏡なんかが教えてくれたりするものです。

自分基準だけの判断に頼らないよう
気をつけたいですね。

【編集後記】

入院中の次男ですが、
今行っている治療で
症状が改善してきている
そうです。

今週末には退院できそうです(^^)

【昨日の1日1新】

・鳥せゑ 蛸薬師店

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村