サンクコスト(埋没費用)にひっぱられない。

切り替えできるかどうかですね。

20180719

値下がりした株式は売れない・・・

「この株式、損が出てからしばらく塩漬けですねん・・・」

「この遊んでいる土地、今売っても損するだけやし、値上がりするのを待ちますわ・・・」

経営者の方からこんな話しを
伺うことがあるんですよね。

購入したときの価格に比べて
現在の市場価格が
下がってしまって
含み損を抱えている。

今は売っても損をするだけだから
とても売ろうとは思えない。

こんな思いを持つことありませんか。

私も少額ですけど、
あるときに思いきって
ユーロの外貨預金をしましたが、
為替変動の影響で
同じような状況です。。

さっさと解約して円に
戻せばいいんですけど、
心のどこかで
期待しているんですよね。

相場が変わって元の
金額まで回復しないかと・・・。

サンクコスト(埋没費用)にひっぱられない。

既に発生した損失や費用で
取り戻すことができないものを

サンクコスト(Sunk Cost)

というそうです。

日本語でいうと埋没費用。

なかなか非情な言葉ですね・・・。

先ほどの例のように、
持っている株式や土地が
値下がりして回復する兆しがないけど、
損のまま売却したくない。

過去に行った設備投資で
思ったような効果が
生まれていないけど、
この設備を売却するには
もったいない。

広告宣伝費を1年間支払い
売上につながっていないけど、
今、広告宣伝を止めたら
損をしそうだ。

本当は、すぐに売却したり
経費の支払いを止める方が得策な
ケースがほとんどなのでしょうが、
サンクコストが影響して
経営の判断が鈍ることに
つながってしまうわけです。

でも、本当は株式や土地でも
今、お金に変えてしまえば
新たな使いみちが増えたり、
手元の資金が増えて経営や家計が
安定することにつながりますよね。

無駄な経費の支払いも
いち早く止めてしまえば
すぐに利益に変わりますよね。

だからこそ

サンクコストにはひっぱられない

そんな意識をもっておきたいですね。

過去にとらわれず、未来に期待し、行動する

これまでやってきたやり方
だから変えられない。

業界の構造だから、
業界の慣習だから
仕方がない。

過去の結果を取り戻すこと
はできないし、
変えることはできませんよね。

サンクコストようなものに
ひっぱられて
判断が鈍らないように
過去にとらわれないようにして
未来に期待し、
行動していきたいですね。

【編集後記】

以前にこのブログでも紹介した
PROFITFIRST方式で昨日初めて
利益分配を行い、利益分配口座に
お金を移しました^^

金額は決して多くはないですけど、
利益が目に見えて分かると
嬉しいものですね^^

https://balance-blog.com/archives/10032

【昨日の1日1新】

・チャットワークのグループチャットの設定
・初めての利益口座への分配(PROFIT FIRSTの運用)

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村