売上を上げるには分けてグルーピングする

分ければ分けるほど具体的になります。

売上の構成要素は3つですが

売上の構成要素は
客数、客単価、リピートの
3つだけ。

だから売上を上げる方法は
3つしかありません。

こんなことをよく言っています。

お客さまへだったり
セミナーでだったり。

売上を上げましょう!

ではなく、
3つの売上の構成要素ごとに
考えることです、と。

客数を上げましょう、
客単価を上げましょう、
リピート率を上げましょう。

どれに取り組むかを
考えるかによって
どうやって売上を上げるかも
具体的になりますよね。

売上を上げるには分けてグルーピングする

売上を
客数、客単価、リピート率の
3つの構成要素に分けることで
売上を上げる方法が
より具体的になります。

ですが、
その分けたものを

さらに分けてグルーピングすること

ができるとさらに
売上アップの方法が
具体的になります。

分け方は企業によって様々ですが、

・店舗ごと
・部門ごと
・サービスごと
・商品ごと
・年間の取引金額ごと

にグルーピングするんです。

例えば、
飲食店ならランチとディナー、
美容室なら施術と商品販売、
といった提供するもので
分けることもできますよね。

提供するもので分けなくても

・新規のお客さまとリピーターのお客さま
・年間の取引金額が10万円未満かそれ以上か

といった分け方もあるはずです。

図にしてみるとこんなものが
できたりします。

売上を分けて、全体の数字は
和仁達也さんのブロックパズルで
表してみると全体像や利益への
影響も分かります。

ここまで分けることができれば
どこをどうやって伸ばせばいいのか、
アイデアも生まれやすいですよね。

ランチを伸ばすのか、
ディナーを伸ばすのか、
ランチを辞めるのか。

年間の取引金額の高い、
リピートのお客様に対して
アプローチしよう。

てこ入れしないといけない
店舗はどこか。

まとめ

売上をアップさせてたいけど、
何から手を付ければいいか
分からない。

そんなときは

売上を分けてグルーピング

してみることから
始めてみましょう。

【編集後記】

昨日は長男の保育園の発表会でした。

今年は1人でセリフを言う場面なども
ありましたが、立派にこなしてくれて
とても嬉しかったです。

演技をしながらも
観客席の親を探して
キョロキョロしている様子も
よく分かりましたけどね^_^;

来年は目立つ服を着ていったほうが
いいかもしれません。

【昨日の1日1新】

・住吉団子本舗 いちご大福

【昨日の1日1捨】
・ビデオカメラ内のデータ

【お知らせ】
■佐竹正浩税理士事務所のサービスメニューはこちら
http://m-stax.com/service.html

■税務顧問、税務相談などのお問い合せはこちら
https://balance-blog.com/inquiry/

feedlyでの購読はこちらからどうぞ
feedlyでの購読はこちらからどうぞ
follow us in feedly
記事を最後までお読み頂きありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村